.

自動車の事故は、自分だけの事故と誰か別の人が関与した事故が存在します。

自分だけで起こした事故の状況では自分だけで事故の処理が済めば終了しますが、第三者を巻き込んだ事故は各々にどのくらい落ち度が存在したのかを調査してこれにより愛車の修理費や和解金の額等が決定されますので、車の保険屋さんの担当の方を交えながらの相談が欠かすことが出来ません。

大概の自動車の事故状況で各々に多少なりとも責任がある場面が普通で一方だけのミスを問うというケースは少ないようです。

当然赤信号無視や一時停止でもそのまま進んだ等はかなりの責任になりますが被害を受けた人であっても手落ちがあったと指摘されます。

事故のケースではどの人の過失が原因かというのがポイントになりますので、その結果を誰にも分かりやすく示したのが《過失割合》というものです。

一例として、信号が赤でも進んでしまったり一時停止無視状況であれば法律のルール上相手の人が100%間違いがあるように見えますが、この場面で事故の原因になった自動車が対面から来ていて目視で確かめられた状態だとすると事故の被害者でも注意不足であったとして10%程度の責任が指摘される可能性もあります。

よってこの状況では事故を起こした相手が9割自分1割の割合と言われミスが大きいとそれに応じた責任が問われる状況になります。

もっといえば自動車での事故の過失の割合昔の事故判例をものさしとして決定される時が多数あり、日弁連の交通事故相談センターから公表されている認定基準表等がものさしとして利用されます。

このような過失の数字が高ければ高いほどミス結論として損害賠償額も大きくなると判断されるので話し合いは本人達だけでなく保険の担当者に参加してもらってきちんと協議することが大事です。