.

クレジットカードの強制失効と言われるのは、名が表す通り有無を言わさずクレカを没収(停止)されてしまうことです。75-14-120

失効になると当たり前の話そのクレジットカードがその時以降は何をしても決済できなくなります。75-13-120

強制退会扱いとなってしまう事象は多岐に渡る)カードを有無を言わさずに没収扱いとなる理由は様々。75-16-120

普通は日常の支払いで使う等普通にクレジットカードを用いている場合ユーザーが強制没収となってしまうパターンというのは滅多にないため安心して頂きたいですが失効となるパターンを頭の片隅に入れておくことでクレジットを気持よく利用できる形になる考えられるため、ここではパターンの一例について記載できればと思います。75-19-120

とにかく言えることはクレカの会社からの信用がなくなってしまう愚行をしてしまったりすること、クレジット発行会社に損失となる対応をしなければまずもって没収などはありえないと言ってよいでしょう。75-17-120

健全に利用できることが第一であるためこれまでにそのような類の愚行をとった過去がおありの方がいらっしゃれば、これ以後は十分良好な履歴にできるよう注意して頂きたいと思います。75-6-120

そもそもカードの請求金額を返さないというこのケース。75-8-120

もう論外の行為であるのですがクレジットで使用した請求金額を弁済しない請求額の踏み倒しをしてしまう場合、または日頃からの借入生活が原因で請求金額の弁済がままならないなどというケースは、絶対没収という処理がされることになるでしょう。75-15-120

カード会社はユーザーのことを信頼しているからこそカードを渡しているわけであるから、あなた自身が支払いを実施しない限りにおいてはこれまで得た信用性はすべて壊れてしまうことになります。75-10-120

結果、クレカを没収することでそれ以降の被害拡大を未然に防ぐ対策を要するから強制退会となってしまいます。75-7-120



75-11-120 75-12-120